戸塚の妊婦健診情報についてお伝えします

横浜市では、妊娠が判明した方は、妊婦健診用の補助券を14枚受け取ることが出来ます。補助券の有効範囲は、基本的な妊婦健診とそれに伴う自費の検査費用迄で、保険適用検査は対象外となります。同市戸塚区内にお住まいの方は、戸塚区福祉保健センターが補助券及び母子手帳の受け取り先となりますが、補助券の使用できる期間は「母子手帳を受け取った時点から出産前まで」と決められています。従って、妊娠が分かったら成るべく早めに戸塚区福祉保健センターへ足を運ぶ必要があります。また、同区内に限ると、補助券が使えるのは横浜市医師会に加入している妊婦健診実施医療機関・または横浜市と契約している助産所と限られています。特に後者の助産所については「分娩を取り扱うことが出来、医療法を満たしている」ことが契約条件となりますので、助産所での健診を希望する方は、それらの基準を満たしているか確認する必要があります。その際、嘱託医療機関及び嘱託医師名も確認しておくとなお安心です。

戸塚で妊婦健診をお願いしました

結婚2年目にして、待望の赤ちゃんを授かりました。妊娠検査薬で要請が出て、うれしくなってすぐに戸塚の産婦人科を検索して次の日に行ってみました。子宮の中の写真を見せてくれたのですが、まだ赤ちゃんの形は全然できていなくて、二週間後に来てくださいといわれました。そのころには少し赤ちゃんの形が見えるだろうから、その時に出産予定日がわかるといわれました。母子手帳もそのあとでいいといわれたので、少し拍子抜けでしたが、お楽しみは後でも言いかとプラス思考で考えることにしました。赤ちゃんがいるとわかると、ちょっとテンションが上がって、色々プラス思考に考えられるのが良かったです。里帰り出産を希望しているので、妊婦健診はこのまま戸塚のほうで通って、出産はこれから実家近くの産科を探そうと思って居ます。健診費用は痛いですが、赤ちゃんのためなら仕方ない出費です。

戸塚での妊婦健診の重要性

戸塚の産婦人科での妊婦健診を受ける事により、出産に向けての準備をしっかりと行う事となり、後はやはりそれぞれに産婦人科の医師の判断によってしっかりと対応していく事となり、状況としてもやはり出産前に色々と細かな所をチェック出来ると言った重要性があります。妊婦の方々もこうした健診を受ける事で、出産に対しての不安を医師に伝えたりする中で、色々とアドバイスをしてもらったり出来る部分としても、良い状況と言えます。戸塚での産婦人科では、この様な妊婦健診を着実に行う事で、出産に対しての大きなトラブルとならない様に、色々な事を早期発見出来ればそれだけ出産に向けての悩みに関する状況も判断して医師などがそれこそ妊婦に対して不安を解消する状況を婦人健診によって色々と細かく調べていきながら、対応する事となっていく様です。