戸塚での妊婦健診は定期的に行いましょう

戸塚だけには限りませんが、妊娠したかなと感じたら必ず産婦人科に行く必要があります。中にはまれに陣痛が起こるまで一度も病院に行かない妊婦さんもいます。毎月病院に行く必要があるのでお金が掛かってしまうという心配をする人もいるかも知れませんが、戸塚でも妊婦健診のために自費の費用について補助を出してくれる制度があります。合計14枚の補助券です。それは1回の費用が無料になるというわけではなく、いくらかを補助してくれます。毎回合計の金額によっては自分で支払う必要があるかも知れませんが、補助券があると無いでは大きな違いです。利用できる制度はしっかりと利用して自己負担が少しでも減るように工夫できれば良いです。色々区や市によって異なる制度や補助がありますので必ず市役所にいって聞くかホームページで調べる事をお勧めします。気づかなかった嬉しい情報を見つけられるかも知れません。

戸塚で妊婦健診をうける病院について

横浜の中でも鎌倉に近い戸塚は戸塚駅の再開発でここ数年商業施設だけでなく新しいマンションも増えている活気に満ちた街です。しかし若い世代の入居が増える一方、出産できる施設はどんどん少なくなっているのが現状です。最近都市部に多く見られるように妊娠がわかったらすぐに受診して出産の予約を取らないと出産するところがないという病院もあり、妊娠がわかったらまず早めに受診したほうがいいでしょう。比較的規模の大きな病院での妊婦健診は待ち時間も多くなりがちですが個人病院などは予約ができることが多く比較的スムーズな受診ができることが多いです。また、戸塚周辺には未熟児の収容ができる国立病院や大学病院もあるので何かあったときの搬送もスムーズにいくことが期待できます。駅から離れていても送迎バスのサービスも行っているところもあるのでそういうことも含めて幅広く検討してみてはいかがでしょうか。

戸塚で妊婦健診を受けるときに注意すること。

妊娠中のリスクを早期発見し、予防もしくは対処するために、妊婦健診の制度があります。健診で妊娠初期から妊娠後期まで毎回、赤ちゃんの状態だけでなく、お母さんの健康状態も調べます。この健診は、健康保険の適応外なので、基本検査だけでも5000円かかり、検査項目が増えると10000円を超えますが、実際は自治体から補助券という形で補助が受けられます。この補助券は母子健康手帳の別冊としてついてきます。これは再発行されない物なので、大事に管理しましょう。ただし、補助券は、どこでも使える訳では無いので注意が必要です。例えば、横浜市戸塚区で貰った補助券であれば、横浜市医師会加入の妊婦健診実施医療機関、横浜市と契約をしている市外妊婦健診実施医療機関、横浜市と契約している助産所のみで利用可能です。妊娠途中から里帰りをして、出産などを希望される場合は、病院や助産所にかかる前に、確認をとるようにして下さい。